The World Wide Web Site, Hyogo Prefectural KOBE High School

兵庫県立神戸高等学校

総合理学科

総合理学科設置の経緯と歩み

  分類:概要   発信日:2016年12月05日 Mon 


平成19年(2007年)4月、総合理学科が神戸高校に誕生しました。

 昭和61年:普通科理数コースを設置
 平成15年:普通科総合理学コースに改編
 平成16年:SSH事業の指定を受ける
 平成19年:総合理学科を設置
 平成20年:SSH事業(5年間)の再指定を受ける
 平成21年:SSH事業中核的拠点育成プログラムの指定を受ける
 平成22年:コアSSH校の指定を受ける
 平成23年:文科省「研究開発のねらいを十分達成している」と本校SSH事業を評価
 平成25年:3回目のSSH事業の指定(5年間)を受ける
 平成25年:科学技術人材育成重点枠(中核拠点校、3年間)にも指定される
 平成28年:文科省「優れた取組状況,研究開発ねらい達成見込,更なる発展期待」
        と本校SSH事業を中間評価
 平成28年:科学技術人材育成重点枠に再び内定


 昭和61年、神戸高校普通科に設置された理数コースでは、平成15年の総合理学コースへの改編を含め、21年間、精力的に理数教育が推進されてきました。

 そして、理数教育の更なる発展を目指し、平成16年度に文部科学省よりSSHの指定を受けました。この事業は高校生の理数離れと学力低下に対する政策として平成14年度から始まった国家プロジェクトで、科学技術立国の将来を担う人材育成を目的としています。

 その後も継続的にSSH事業の指定を受け、現在もSSH校として研究開発に取り組んでいます。その成果は総合理学科の教育プログラムに生かされています。

SSH全国大会(パシフィコ横浜)
SSH全国大会の様子


All Rights Reserved, Copyright © 1997- Hyogo Prefectural KOBE High School